FXでいう「実質合計手数料」

往復取引と呼ばれているデイトレードをしっかりと覚えておくようにしましょう。
取引数が1000の場合におきまして、取引数1000で片道の手数料を入れますと、「1000×5銭で50円」という片道の手数料が発生します。FXの手数料というものが、どれだけ必要になってくるのかということで、FXの取引が大きく変わってきます。
手数料につきましてはFXを始める前に必ず理解をしておかなければいけないことの一つなのです。

 

FXで取引を行う場合における手数料というのは、「取引手数料」と「スプレッド」が挙げられます。
この2つの手数料を足したものが、FXにおける「実質合計手数料」となります。

別れさせ屋
http://renai-kobo.com/
お勧めサイト、別れさせ屋の紹介



FXでいう「実質合計手数料」ブログ:2018-12-08

読者様は、
ダイエットを始めてしばらくして、
順調に減っていた体重が
急に減らなくなった経験ありませんか?

これって、
ダイエットの停滞期というものなんですよね。
ダイエットをしている方なら、
必ず誰でも経験することだと思います。

その時に、
もう限界なのかなぁ〜と勝手に思い込んで
ダイエットをやめてしまったり、
もうこれ以上は続けられないと、
ダイエットをあきらめてしまったりしてはダメなんです。

せっかくこれまでがんばってきたのですから、
続けてダイエットを行なっていれば、
また必ず体重は減っていきます。

どうして停滞期という現象が起こるのかというと…

ダイエットでご飯の量が減ると、
今まで摂っていた量の栄養分が肉体の中に入ってこないため、
肉体は栄養をあまり使わないようにします。

それと同時に、
せっかく肉体の中に入ってきた栄養分は、
これまで以上に必死に蓄えようとします。

停滞期に体重が減らなくなったからといって、
今まで以上に必死になって、
ダイエットを行なったりするのは危険!

停滞期は、
肉体が危険信号を発している状態でもあるからです。

停滞期の時は、
何も変えずにそれまで行なっていたダイエットを続けましょう!
今は停滞期なんだなぁ〜と
楽な気持ちで過ごすのがいいと思いますよ。

もし、二ヶ月程経過しても体重が再び減ってこなければ、
そこで一度ダイエットを見直してみると良いでしょう。

順調期と停滞期を繰り返しながらダイエットしていくので、
停滞期に入ったときはあきらめずに続けてくださいね。